Volumes : 過去へのリスペクトと未来へのチャレンジを詰め込んだ意欲作『Happier?』リリース!

NEWS

 

Volumes : カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するプログレッシヴ・メタルコアバンド、Volumesが4年振りとなるニューアルバム『Happier?』をFearless Recordsからリリースしました。2020年にはボーカリストMichael Barrがバンドに復帰。2019年にGus Farias脱退、2020年にDiego Fariasが急逝したことで、Volumesを取り巻く環境は大きく変化してしまった。その後もコンスタントにシングルリリースを続け、今年に入ってアルバムからの先行シングルをリリース。その時点で、バンドに起こった変化がメンバーラインナップだけでなく、そのサウンドにも及んでいることが確認出来た。

 

アルバム冒頭の「FBX」、続く「Malevolent」と大きな変化を覚悟していたファンには良い意味で拍子抜けするようなクラシックなVolumesサウンドを聴くことが出来る。先行シングルとして公開された「Bend」、「Get Enough」の流れはクリーン・ボーカルのパートを導入し、自身のプログレッシヴ・メタルコアの世界観を拡大していく姿勢を見せ、「Let Me Down」、「Man On Fire」と古き良きVolumesサウンドと挑戦の両方を楽しむことが出来るトラックへと続く。エンディングを飾る表題曲「Happier?」からは、活動を始めた当初の仲間達、Structuresなどへのリスペクトを感じるサウンドスタイルをベースにしながら、現代のプログレッシヴ・メタルコアシーンでVolumesがどんな存在であるべきなのかをファンへ伝えるような思いを感じる一曲に感じる。

 

Volumesが12年というキャリアを通じ、バンドを去ったメンバーらと共に築いてきたバンドのレガシーも大切にしながら次のステップに進んでいくんだという強い意志を感じる素晴らしい作品。ぜひじっくりと聴いてほしい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました