Wage War : ヘヴィネスに磨きをかけた待望の新作『Manic』リリース!

Metalcore

 

Wage War : フロリダ州オカラを拠点に活動するメタルコアバンド、Wage Warが、通算4枚目となるスタジオ・アルバム『Manic』をFearless Recordsからリリースしました。前作『Pressure』からおよそ2年振りとなる新作で、プロデューサーは変わらずDrew Fulk、Andrew Wade、Jeremy McKinnonが担当し、ギタリストのCody Quistadもプロダクションに参加している。

 

アルバムリリース日に公開されたタイトルトラック「Manic」は、これまでのWage Warにはなかったニューメタル・フレーバー漂うヘヴィな一曲に仕上がっている。ボーカリストBriton Bondの新たな魅力にビデオには絶賛のコメントが書き込まれ続けている。

 

今年5月にアルバムの第1弾先行シングルとして発表された「High Horse」は、これまでのWage Warが持っていたヘヴィな側面を前面に押し出した仕上がりで、アルバムがどんな雰囲気になるかを予感させる楽曲としてファンを興奮させた。じっくり聴いてみると、Britonの声がSlipknot/Stone SourのCorey Taylorに非常に近い質感であるようにも感じた (動画のコメントにも同様もポストが散見される)

 

リリックビデオとして9月に発表された「Teeth」は、Codyのクリーンボーカルが印象的な一曲で、古くからWage Warを追いかけてきたファンにはたまらない一曲だろう。この曲は非常にわかりやすく今のWage Warの魅力が感じられる仕上がりになっていて、最高品質のメタルコア・プロダクション、ヘヴィネス&クリーンのコントラスト、エレクトロニックなアレンジ、どれをとってもトップシーンを走るバンドの名に恥じないレベルである。

 

その他、アルバム発売後に公開された楽曲も聴いていくと、先行シングル数曲で感じられた「ヘヴィに振り切ったアングリーなWage War」感というよりは、これまでのWage Warそのままにヘヴィ感を増した仕上がり、と言った方が良さそう。「Godspeed」、「Relapse」なんかはリードトラックになっても可笑しくない素晴らしい楽曲。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました