スポンサーリンク

【年間ベスト】Currents – The Way It Ends

Metalcore

Currents – The Way It Ends

2017年にリリースしたアルバム『The Place I Feel Safest』から3年振りのリリースとなったセカンドアルバム。ギタリストにRyan Castaldiが加入、5人体制となってから初の作品となる。

Currents – Poverty of Self (Official Music Video)

Currentsのイメージといえば、やはりメロディックハードコア譲りの切ないメロディーワークだろう。個人的には今もメロディックハードコアバンドとしての印象があるが、SharpTone Recordsと契約後の彼らからフォローしているリスナーからすれば、新時代のメロディック・メタルコア、みたいな印象をもっているかもしれない。

Currents – A Flag To Wave (Official Music Video)

本作のリードトラック「A Flag To Wave」は現在のCurrentsのポテンシャルを100%発揮した楽曲で、ブラストビートを交えながらタイトに叩き込むJeffのドラミング、プログレッシヴなエレメンツも飲み込みながらもセンチメンタルなフレージングを多用するギターサウンド、そして何と言ってもメロディック・シャウトからクリーンまでこなすBrianのボーカルが素晴らしい。

Currents – Monsters (Official Visualizer)

驚いたのはデスコアにも匹敵するようなヘヴィネスとメロディが共存する「Poverty of Self」だ。重厚なヘヴィネスもメロディックハードコアの叙情性も、すべてメタルコアのフィルターを通して表現できているところにセンスを感じる。Crystal Lakeが好きなら間違い無くハマると思う。

1 Never There
2 A Flag To Wave
3 Poverty Of Self
4 Monsters
5 Kill The Ache
6 Let Me Leave
7 Origin
8 Split
9 Second Skin
10 How I Fall Apart

Currents Official
Official website and merchandise store for Currents. The Way It Ends out now via Sharptone Records!
Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
Currents (@CurrentsCT) / Twitter
‘THE WAY IT ENDS’ out NOW! ⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました