スポンサーリンク

【年間ベスト】Unmerciful – Wrath Encompassed (Technical Death Metal)

REVIEW

Unmerciful – Wrath Encompassed

レーベル : Willowtip Records
結成年 : 2001
活動拠点 : アメリカ/カンサス

前作『Ravenous Impulse』から4年振りのリリースとなった3枚目フルレングス。Originで活躍したギタリストClint Appelhanzが中心となり、同じく元メンバーでCannibal Corpseのライブサポートも務めた経歴を持つベーシストJeremy TurnerとJustin Payne、そして本作から加入したドラマーTrynt KellyとボーカルJoshua Rileyの5人体制で制作された本作は、Originの名作アルバム『Antithesis』を彷彿とさせるOriginメンバーによるOriginクローン・サウンドだ。

ミュージックビデオにもなっているアルバムタイトルトラック「Wrath Encompassed」はノンストップで疾走するブラストビートに絡み合うチェンソーリフと無慈悲なギターソロがボルテージを加速させていく。アルバム全体を通してダレる事なく、ひたすらに漆黒のテクニカルデスメタルの闇を切り裂きながら疾走するピュア・テクニカルデスメタルアルバム。

For Fans of : Origin

Unmerciful "Wrath Encompassed" – Official Video
Unmerciful "The Incineration" – Official Track Premiere
Unmerciful Live 09Oct2020 Riot Room Fundraiser

コメント

タイトルとURLをコピーしました