スポンサーリンク

今週の注目アルバム! -メロディアス編- (11月16日配信)

DJENT

The Road to Milestone – Everything Ends

1. Drag the River
2. In Ecstasy
3. Lost in That
4. Nashville
5. Waking Dream
6. Younger
7. Party’s Over
8. Runnin’ It
9. Leave.
10. Lavender

昨年リリースしたシングル「Suffocating」は個人的に2019年のベスト・ポストハードコア曲で、今年に入ってからもかなり聴いてました。本作も先行公開されたミュージックビデオ「Lost in That」や「Nashville」がかなり良くてアルバムも期待通りの素晴らしい出来。もともとWe Came As Romans直系のエレクトロニックなバンドのイメージでしたが、ボーカルで勝負できるセンスが開花した1枚と言えるでしょう。ただこのアルバムに「Suffocating」入ってないのが惜しい…おそらくCI Records所属時の曲で権利上収録できなかったと思うけど、この曲でかなり売れ方違った気がする。

The Road to Milestone – Suffocating (Official Video)
The Road to Milestone – Nashville (Square Video)

a crowd of rebellion – Zealot City

1.Meteor
2.無罪者
3.Under The Split Tree
4.°OD。
5.SLANDER.
6.QED
7.UP TO ME
8.BLESS BY BLUE
9.coelacanth
10.Alone//Dite
11.KEEP THE DAY
12.MANIA
13.Stick VS MADDOG
14.hAngedmAn_A
15.Interlude-(NOT FOUND)
16.〔←REDO.〕

4枚目となるフルアルバム『Zealot City』は、良い意味で期待を裏切らないドメスティックな作風で、国内だけでなく海外でも評価されるべき作品だ。ギターのメロディがキーボードと交差する瞬間から絶妙に心地良い転調はこれまでa crowd of rebellionが得意としてきたオリジナリティだし、ハイトーンとシャウトのバランス感覚もハイセンス。

a crowd of rebellion / 無罪者 [Official Music Video]

GHØSTKID – GHØSTKID

1. FØØL
2. START A FIGHT
3. SHARKS
4. DRTY
5. THIS IS NØT HØLLYWØØD (feat. Timi Hendrix)
6. YØU & I
7. SUPERNØVA (feat. Marcus Bischoff)
8. CRØWN (feat. Mille Petrozza)
9. CØLD WØRLD
10. ZERØ
11. THIS IS NØT HØLLYWØØD (feat. Johny 3 Tears)

Eskimo CallboyのSushiが立ち上げたGHØSTKIDのセルフタイトル作がいよいよリリースされました。Eskimo Callboyと比べるのもどうかと思いますが、彼らのファンはもちろんエレクトロニックなアプローチが好きなメタルコア/ポストハードコアリスナーは必聴でしょう。Heaven Shall BurnのMarcusがフィーチャーした「SUPERNØVA」や、トラップに近い「THIS IS NØT HØLLYWØØD」が2つのアレンジで収録されているのも面白いです。

GHØSTKID feat. Timi Hendrix – THIS IS NØT HØLLYWØØD (OFFICIAL VIDEO)
GHØSTKID feat. Marcus Bischoff of Heaven Shall Burn – SUPERNØVA (OFFICIAL VIDEO)

Intervals – Circadian

1. 5-HTP
2. Vantablack
3. Luna[r]tic
4. Lock & Key (feat. Joshua de la Victoria)
5. Signal Hill
6. String Theory (feat. Marco Sfogli)
7. D.O.S.E. (feat. Saxl Rose)
8. Earthing

プログレッシヴ・メタル/Djentプロジェクト、Intervalsの新譜がいよいよリリースとなりました。ここ数ヶ月は新曲発表に加えその制作過程のドキュメンタリーなども公開していて、ファンの興奮具合からIntervalsの注目度が伺えました。間違いなくトップレベルのインストDjentで、Polyphiaだとちょっとおしゃれすぎるなっていうメタルヘッズはこっちですね。Arch Echoなどクラシカルなスタイルが受けているし、メタルコア/デスコア要素を削ぎ落としたDjentが主流になっていく予感が確信に変わりました。じっくり聴きたい1枚。

コメント

タイトルとURLをコピーしました