スポンサーリンク

今週の注目アルバム! -ヘヴィ編- (11月16日配信)

Deathcore

King 810 – AK Concerto No. 47, 11th Movement in G Major

1. AK Concerto No. 47
2. Red Queen
3. I Am the Enemy
4. Hellhounds
5. Love Under Will
6. Da Vinci Hands Pinocchio Nose
7. Dukes
8. House of Dust
9. Love Bomb
10. Suicide Machines
11. 2A

アメリカで最も危険な街、ミシガン州フリントを拠点に活動するKING810のニューアルバム。前作『Suicide King』の評価はそれほど高くなかったが、再びデビュー作に匹敵する狂気に満ちたサウンドを取り戻したように思える。ミュージックビデオにもなっている「Red Queen」や「Hellhouds」に加え、オープニングトラックもキャッチーでありながら混沌に満ちていて実にKING810らしい。ジャンルで言えばニューメタルと言えるが、ジャンルにカテゴライズされることを彼らは歓迎しないだろう。

AK Concerto No. 47

Unseen Faith – Evoke

1. Downfall
2. New Era
3. Hardwired
4. Wrath
5. Ode to Heresy
6. Out of the Dark (feat. Daniel McWhorter)
7. Heart in a Prison
8. The Perfect Human (feat. Cabal)
9. The Greatest Threat (feat. Daze of June)
10. Wither

RNR TOURSで来日経験もあるデンマーク出身のデスコアバンド、Unseen Faith待望のニューアルバムはPrime Collectiveからのリリース。遥か昔に発表したアルバムと比べると格段にレベルアップしており、地味な存在だが世界的にも珍しいスタイルのデスコアであると感じる。ダウンテンポなスタイルを鳴らす同郷のCabalとは逆の、ブラッケンドなファストパートも組み込んだメロディックスタイル。オープニングトラックの「Downfall」はミュージックビデオにもなっているリード曲。ここ数年注目を集めるニューカマーが続々登場しているデンマーク、Prime Collective周辺をチェックすると面白いはず。

UnseenFaith – Downfall [Official Music Video 2020]

The Gloom In The Corner – Ultima Pluvia EP

1. Violence
2. Warfare
3. Requiem

オーストラリアを拠点に活動するメタルコア/デスコアバンド、The Gloom In The Cornerの新作は3曲入りのEPではあるが、それぞれに個性的な楽曲で聴きごたは十分。最近は少しニューメタルコアへと傾倒してきたように感じていたが、シンフォニック・デスコアにシフトしたようだ。「Warfare」〜「Requiem」の流れはドラマティック。

The Gloom In The Corner – Warfare [Visualizer]

Boundaries – Your Receding Warmth

1. Is Survived By
2. Fade Away
3. Carve
4. My Strength
5. Get Out
6. Behind the Bend
7. Written and Rephrased
8. I’d Rather Not Say
9. One Moment from Disaster
10. Your Receding Warmth
11. From the Departed, Dear or Otherwise

アメリカン・メタリックハードコアバンド、Boundariesのニューアルバム『Your Receding Warmth』はUnbeaten Recordsからのリリース。過小評価されてきた彼ら、本作も現行メタルコア/ハードコアのトレンドとは逆を行く2000年代後半〜2010年代前半を彷彿とさせるメタリックハードコアをベースにしていて、アルバムタイトルトラック「Your Receding Warmth」はどこか『Iowa』周辺のSlipknot的な緊張感も感じる。

Boundaries "Behind the Bend" (Official Music Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました