スポンサーリンク

As I Lay DyingからNick Hipaが脱退。彼はどういう人物か

MELODIC DEATH
CASTLE DONINGTON, UNITED KINGDOM - JUNE 09: Nick Hipa of As I Lay Dying performs on stage during Download Festival at Donington Park on June 9, 2012 in Castle Donington, United Kingdom. (Photo by Steve Thorne/Redferns via Getty Images)

As I Lay DyingからギタリストNick Hipaが脱退したとMetal InjectionやLambgoatらメタルメディアが取り上げています。Nickのwikipediaなどもすでに元メンバー、と編集されており、すでに脱退しているものと思われます。彼がどんなキャリアがあるかなど、一度振り返ってみましょう。

Nickは1982年生まれの37歳。Evelynnというバンドでキャリアをスタートし、2003年にAs I Lay Dyingに加入。2014年に一度脱退したものの、2018年には復帰しました。As I Lay Dyingを最初に抜けたタイミングで、Oh SleeperのボーカリストShaneと共にWovenwarを結成しています。

今後はおそらく、Wovenwarでの活動に注力していくだろうと思いますので、As I Lay Dyingのファン、Nickのプレイが好きな人はこちらのバンドをフォローしておきましょう。

Wovenwar – All Rise (OFFICIAL VIDEO)

コメント

タイトルとURLをコピーしました