スポンサーリンク

『デスメタルチャイナ』を読んでみた。

COLUMN

いつもお世話になっている出版社パブリブのハマザキさんから最新書籍『デスメタルチャイナ』を献本して頂きました。マニアックな内容にも関わらず多くのメタラー、そして中国カルチャー好きを筆頭に告知段階から猛烈な注目を集めていたこの本は、田辺寛さん (@nihaorocks – https://twitter.com/nihaorocks) が執筆しています。正直、圧倒的な情報量に目がくらみましたが、未知の中国メタルは想像以上にハイクオリティで、音源をチェックしながら読み進めると、たくさんの発見がありました。

私が執筆した『ブルータルデスメタルガイドブック』や『デスコアガイドブック』を持っている方にもこの本は十分オススメできる内容になっています。ジャンルレスに様々なタイプのメタルバンドの情報、主にディスクレビューを中心に執筆されているので、お気に入りのジャンルから食いつまんで読む事も可能。中国の地理に疎くても、ひとつひとつ丁寧に解説しながら説明してくれるので、地理の勉強にもなりますね。

メタル書籍を執筆していた時、中国のメタル情報というのはFacebookやTwitterからは手に入れづらかった覚えがあります。これほどまでの情報を手に入れるには中国独自のソーシャルネットワークに登録する必要がありますし、上記のように現地のCDショップなどに足を運ぶなどする事が必要みたいですね。田辺さんの旅行日記的な記事は読みやすく、中国に親しみを持ちながら楽しく読む事が出来ました。中国のSNS解説ページなんかもあり、そこから音源の聴き方も知る事が出来ますよ!

個人的にブルデス、メタルコア、デスコア、テクデスに注目しながら読み進めていくと、一度は目にしたことのあるベテランから、まったく知らなかったバンドまで様々取り上げられており、Suffocatedに関する濃密な記事は新鮮な驚きを感じながら、食い入るように読みました。デスメタル以外でも古典楽器を用いたメタルの情報も興味深く、特にDream Spiritは新しいお気に入りになりました。

私が執筆した『デスコアガイドブック』にも掲載しているFour FiveやHour of Pestilenceについてもしっかりと書かれていて、細かい情報を手に入れる事が出来ます。アメリカ/ヨーロッパ中心であることが当たり前なメタルというジャンルも、歴史を重ねるにつれて今では世界中様々なところで盛り上がっています。特に独自の発展を遂げている中国が今積み重ねている、どこにもない唯一無二の歴史がこれからどのように発展し、国際的に支持を得ていくかとても気になります。これはまだメタルが始まっていない国にも言える事だと思いますし、いちメタルファンとして未知のメタルを聴く事はいつだってワクワクしますよね。『デスメタルチャイナ』を読んで、まったく新しいメタルの歴史を堪能しましょう! 学生は朝読書にも最適!

脇田

コメント

タイトルとURLをコピーしました