スポンサーリンク

【Review】Down By Law – Down By Law (1991)

PUNK

Down By Law – Down By Law (1991 – Epitaph Records)

1989年ロサンゼルスにて結成。Allを脱退したボーカル/ギターDave Smalleyが中心となり、ギタリストChris Bagarozzi、Chemical PeopleのドラマーDavid NazworthyとベーシストEd Urlik、ギタリストJoe Peccerilloの5人で活動をスタート。数度のライブを経て、Epitaph Recordsと契約を結んだ。レーベルオーナーBrett Gurewitzがプロデュースを務めている。不気味なアートワークからは想像出来ないカラッと乾いたメロディックパンク/ポップパンクをプレイ。

Down By Law – Self-Titled (1991) Full Album

コメント

タイトルとURLをコピーしました