スポンサーリンク

Earthists. インタビュー (2020年6月27日)

COLUMN

 

新型コロナウィルスの影響で、世界中のコンサート活動は中止せざるを得ない状況となってしまった。日本も同じく、東京を中心に毎日のように行われていたコンサートは中止に追い込まれ、営業を断念するライブハウスのニュースに心を蝕まれた音楽ファンも多いだろう。そんな中、Earthists.がコロナ渦においては恐らく世界で最初のメタルコアショーをGARRET udagawaで行った。そのショーは最新鋭のVJが駆使され、これまでに見たことのない新たな形として、音楽ファンを驚かせた。今回はEarthists.のメンバーにインタビューを行い、新たなコロナ渦での音楽活動について聞いてみた。

インタビュー日時 : 2020年6月27日 (土)
アンサー : YUI & YUTO (Earthists.)
インタビュアー : TATSUWALLY (RNR TOURS)
編集&構成 : WAKI (RNR TOURS)

Earthists. Official Web Site powered by BASE
L→R SHUGO(Ba) / YUI(Vo) / YUTO(Gt) / YUYA(Dr)Earthists.(アーシスツ.)東京を中心に活動するメタルコアバンド「EARTHISTS.」結成2年でアメリカの名門メタルレーベルTRAGIC HERO RECORDSと契約し同年に1st Full Album「DREAMSC...

今回のイベント開催について -今回のタイミングでライブを行おうと思った経緯について教えてください。

YUI : まず、今年の7月11日(土) 代官山UNITで行われる予定だった、Earthists./Graupel/Sable Hillsによる5周年イベントの中止を発表した直後に、大阪府がライブハウスでの有観客公演に関するガイドラインを発表しましたよね。アクリル板をステージと客席の間に設置してのイベント実施要請の内容をTVでイラスト付きで見た時に、これをVJに投影したら面白いことが出来るのではないかと感じました。

元々、今年の1月15日にマイナビBLITZ赤坂で行われたCY8ERのワンマン公演の演出で、透過のスクリーンを使ってホログラムを写していたのがめちゃくちゃかっこよくて、小規模のライブハウスでも再現できたら良いなと思っていました。 なので、アクリル板を使用した飛沫防止対策を見た時に、考えていたことの点と点が線に繋がった感覚がありました。

6月から東京都もライブハウスに対して同様のガイドラインが出そうな雰囲気があったので、こういうのって先にやったもん勝ちだと思って。やると決めてから勢いよく準備を進めました。 社会的な大義名分や、ライブハウスを助けるというのはもちろん大事ですが、今回はそれに対しての大きな意味は敢えて持たせないように、与えられた制約、器の中で自分達の自由を最大限表現していくことがアーティスト/ミュージシャンのあるべき姿だと考えて動きました。

今回のイベントも制約がある中で、自分達がいかにこの制約を利用して、自分達の長所としている部分を存分に表した演出が出来るのかなと考えた時に、こういう言い方はあまり良くないけど、一種のチャンスと捉えて、モッシーなバンドとはまた違う魅せ方が出来る、自分達なりのオリジナルなライブがこのタイミングで誇示出来るのではないかと思ったのも理由の一つです。

今の質問と重複してしまいますが、この企画で特にこだわりを持たせた部分を教えていただけますか?

YUI : 今回はソーシャルディスタンスという環境を利用したVJ投影による演出表現というのが大きなポイントになっています。イベントのタイトル、「PARALLEL WORLD (パラレルワールド)」にも関係してきますが、自分の中での裏テーマがあって、それは普段僕達が行なっているような、ライブハウスで密集してダイブなどを行なっている世界線がTRUEな世界線だとすると、今回のライブは”ウィルスが世界中に蔓延して、誰もが密集した状態で娯楽が全くできなくなってしまった20XX年のライブ会場で、誰にも見つからないように地下施設で、その時の最新の技術を駆使して特殊な演出をしている世界線”というものを表現していて。それはまさにパラレルワールドで、”IFの世界のライブハウス”を表現しました。全席着席にして、VJを使ってわかりやすいデジタルな雰囲気と近未来な演出というのを行ったのもそのコンセプトに基づいています。

そして今回、THINGS.のTakuya Oyama(以下Takuya)に協力してもらって、少ない時間の中でも何度もミーティングを重ねてVJ用の映像を作っていったというのが今回のこだわったポイントですね。後はゲームのFALLOUTの中でのライブハウスはこうなんじゃないかな、というのも想像したりしました(笑)。

映像担当にTakuyaさんを起用した経緯を教えてください。

YUI : Takuyaとは以前から知り合いで。と言っても THINGS.が大阪から活動拠点を東京に移してから関係が深まったのですが。Takuyaが以前Twitterで「VJに興味ある人いませんか?」とツイートしていたのを覚えていて今回連絡しました。そもそも僕はTakuyaの映像が本当に大好きで、話は戻りますが、それこそ彼が手掛けているCY8ERのミュージックビデオのデジタルな世界観や感覚に共鳴していましたし、僕が想像していたパラレルワールドの“もしもの世界線”であるデジタルスチームパンク / デジタルカルト感とイメージが最も近かったので、迷わずオファーをしました。

まさにYUI君の想像がリンクしていたと?

YUI : そう。今回THINGS.と約束できなければ、企画自体やめようと決めていたくらいです。

CY8ER – 東京ラットシティ Music Video
PassCode – STARRY SKY (Full Size)
coldrain – COEXIST (Official Music Video)

コロナウィルスによって全世界的にライブが出来ない状況でしたが、それぞれどういう時間を過ごされましたか?

YUTO : 僕は基本的には家で制作だったのですが、何かしらコンテンツを出したいなと考えていて。Footprints のリモートセッションをSNSでリレー形式でやろうよってYUIが発案してくれてやってみましたね。それと、次の新作のプリプロ、デモ音源の制作も行いました。

新しい趣味は出来ましたか?

YUTO : 音楽にまつわることしかしなかったですね…。

YUI : なんかパン作ってたよね?

YUTO : あ(笑)ホームベーカリーの機械を買って、くるみを入れたりしてパンを作ってました。

バンド界隈でカレー職人が増える中、パンを作られていたんですね (笑)

YUTO : そうです(笑) Yui君はどんな時間を過ごしましたか?

YUI : 僕はスパイスカレー作りに魅了されてましたね(笑)。結構行くとこまで行って、今でも作っていますね。あとはD.I.Y.にハマって、2×4材を柱に出来るラブリコっていうジョイントがあって、それを使って本棚を作ってて… YUTOはうちに来て現物見たから知ってると思うけど、結構完成品イカついよね(笑)?

YUTO : ヤバいよね (笑)

YUI : 壁一面が本棚みたいになってて、そこにクラフトビールを並べて(笑)。あとはYUTOと一緒で曲の制作を進めてましたね。

なるほど。ビール関連で伺いたい質問がありまして、4月18日-19日に吉祥寺で開催されるはずだった「CRAFTROCK CIRCUIT’20」(Earthists.は19日に吉祥寺Warpで出演予定だった)が残念ながらイベントの開催が中止となってしまったのですが、率直な感想を教えてください。

YUI : UNITの5周年イベントが延期になったのと同じくらい悲しかったですね…。

YUTO : めちゃくちゃ楽しみだったよね (泣)

YUI: 普段、僕達が活動するフィールドでは対バンやブッキングできないような異色な人達も多くて、そういう中で生まれるケミストリーとかも楽しみにしていたし。

YUTO : tofubeatsとかいて結構テンション上がったね。

YUI : DAOKOさんとかいてね(泣)。あとは吉祥寺WarpがCrystal Lake、Her Name In Blood、Endzweck、Versus The Nightというラウドな会場だったというのもね。

本当に残念でなりませんね。やっぱりケータリングはビールなのでしょうか?

YUI : (ビールサーバーから、ビールを注ぐ動作をしつつ) そう。もう最高なんだよね。もう飲み放題なんだよね。本当に残念です。

自宅にいることで音楽を聴く機会が増えたと思うのですが、自粛期間中よく聴いていたアーティストを教えてください。

YUI : 僕は元々、邦ロック超大好きで、邦ロックのジャンルを継続的にディグりながら、フューチャーポップやサブカルチャー的な音楽も大好きで。かなりティーンネイジャーっぽいんですが…、その中でもYOASOBIとか藤井風、Vaundy辺りをよく聴いていて、後者2名はかなり前から色々な人にオススメしてました。

YUTO : Vaundyとか完全に一人でやっていて、そういう所謂D.I.Y.な感じのベッドルームアーティストを聴き漁ってました。

なるほど!YUTO君のソロプロジェクトSkyLogicもここら辺のアーティストから影響を受けているのでしょうか?

YUTO : 影響受けましたね。元々Earthists.を始める前に活動していたプロジェクトなのですが、それをちょこちょこ引き続きやっていて、それが一層このコロナの期間で強まりましたね。もちろんメインはバンドですが、別のアウトプットを作って発信したい気持ちをソロプロジェクトの作品に反映しています。そこで得たものもバンドに還元していければとも思ってます。

別の視線でから見るというのはとても大事だと思います。

YUTO : アプローチの仕方が変わってくるのと視野が結構広がるという考えもあります。

藤井風(Fujii Kaze) – “何なんw”(Nan-Nan) Official Video
東京フラッシュ / Vaundy :MUSIC VIDEO

 

YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video

『DREAMSCAPE』収録曲「Footprints」をリメイクして「FOOTPRINTS(Metropolis Mix)」としてリリースされたこの楽曲は、自粛期間中のリレー投稿の一環で、YUI君がTwitterに投稿した30秒動画が反響を呼んでのリリースだったと思うのですが、この曲をチョイスした理由はあるのでしょうか?

YUI : あーなんでなんだろう?(笑)

YUTO : なんでなんだろうね (笑)

YUI :過去に「Purge Me」をJazz Groove Remixという形で既にリリースしていて、そういうリミックスの曲をまた作りたいねという話自体はバンド内でもしていましたね。あとは個人的に「Footprints」が好きっていうが理由です。

YUTO : サビのメロがメロ〜〜っていう感じだもんね。

個人的に「Purge Me」が好きだったので少し期待をしてしまったのですが。

YUI :「Purge me」はリフが凄いバウンシーだから、アコースティックでしっとりというよりは既にリリースしているJazz Groove Remixの様なフューチャーベース感を持たせた踊れるノリの方が、楽曲のイメージを崩さずにリミックス作品としてまとまると思ったんですよね。

2月に発表され、2020年版としてリメイクされた「RESONATING LIGHT 2.0」は小林亮輔氏(a crowd of rebellion)をゲストボーカルに迎えましたね。その経緯と「Resonating Light」という選曲になった理由を教えてください。

YUI : Earthists.は今年で結成5周年を迎えます。5周年企画として開催を予定していた7月11日の3マンイベントの他にも何かしたいねという話があり、僕達の代表曲「Resonating Light」を再録することにしました。『DREAMESCAPE』収録曲用にレコーディングした時点では、良い意味でも悪い意味でも稚拙な部分があって、当時も完成に対しての満足度が正直そこまで高くなかったです。

「Resonating Light」のサビのメロディは、元々亮輔くんに影響を受けて作ったメロディで、今楽曲の本家とまでは言わないけど、リスペクトしているアーティストである彼にゲストボーカルを是非お願いしたいという想いがありました。そもそも「Resonating Light」を作った時に亮輔くんにお願いしたいというのはありましたが、バンドが始動して間もなく、お願い出来る状況じゃなかったんですよね。

今もまだまだだけど、自分達なりに経験値を積んできて、実際にa crowd of rebellionの丸山獏さんや宮田大作さんとお話する機会も増えてきて、Earthists.も5周年を迎えて腰を据えてお願いできる段階に来たと感じて、今回オファーしました。冒頭の話しに戻りますが、THINGS.がこのイベントで映像を担当してくれなかったら企画を行ってないのと同じで、亮輔くんにオファーを断られたら、別の曲を再録しようと思ってました。

5年経った現在で、作曲面で意識した部分とかあれば教えてください。

YUTO : 2016年当時は、とりあえず音源を形にしたい想いが先行していて、ライブを想定した曲作りであったり、身体が揺れ動く感じなどを意識していませんでした。今になって、もう少しリスナーに好かれるようなテイストにしたくて、リフがシンプルになってきましたね。

なるほど。伝わりやすさがあれば、より多くの人に広がるという視点は経験を積まないとわからないことですね。

YUTO : あとは単純に難しいことをやりたくないですね (笑)。 昔はテックコアみたいな感じだったのですが、今はもっとお客さんにダイレクトに伝わるように、演奏している自分が楽しく弾けるようにできたらなという感じです。

先日、中国のICHIGO Recordsとレーベル契約をされましたが、アジア方面に対してどういう風に捉えていますでしょうか?

YUI : 俺、アジア超大好きで、ツアー行った中で中国ツアーが一番楽しかったんですよね。プロモーターの人がナイスガイだったというのも大きいかな。基本的にみんな良い人達で、関わってくれる人、遊びに来てくれたファンのみんな全員リスペクトを持って接してくれて、ツアーバンドだからとか、日本人という外国人だからというのはあまり感じなくて、純粋にアーティストとしてリスペクトしてくれているというのを凄く感じました。

YUTO : 日本語でコミュニケーションを取ってくれる人が多くて。あと異常に日本語が上手な人にツアー中2人くらい出会ったりして(笑)。凄く面白かったです。

YUI : これからも様々な面で世界中に向けて活動して行き、アジアでは中国を中心に露出して、また呼ばれるように活動していきたいです。

なかなか難しい状況ですが、今後に向けてのビジョンがありましたら教えてください。

YUI : リリースはコンスタントに行う予定です。ライブ活動や、アーティストとして自分達で表現していく方法は今日のライブ然り、制約のある中でも色々あると思いますが、模索しながら僕達なりに、Earthists.だから出来る表現や活動をしていきたいです。

また、最近では配信が増えてきていますが、これが今後のライヴ事情のニューノーマルになるとは思ってないです。ただ、しばらくこの状況は続くと思うから柔軟に適応しつつ、海外のお客さんを獲得するチャンスでもある配信ライブが、この状況下でライブハウスも制作サイドも経験値を積んでいて、以前よりライヴ配信へのハードルが下がっていきていると思うのでどんどん利用していきたいと思っています。

今日のこのイベント直前に意気込みをお願いいたします。

YUI : 今日のイベントは、開催まで3週間という通常イベントではあり得ないスケジューリングで制作を行っていて、急いで会場を押さえて、機材買って、映像作って、なんとしても間に合わせるぞという気持ちでやっていましたが、その反面この状況下でお客さんが本当にくるのかとか、ガイドラインは厳守しているもののお客さんの安全面を、ウイルスの専門家でもない僕達が監修した会場状況で万全に達成できているのかとか不安はあって。実際に今日、批判の声が出ちゃうかもしれない。ただ、そういうリスクを全部背負ってでも、アーティストっていうのは常にエスカレーターを逆走しているような状態なので、止まるとどんどん下がっていくから止まる訳にはいかない、同じ速度で歩いても位置が変わらずただ足だけ痛めていずれ終わってしまう。上に登るためには、常に全力で駆け上がらないと、どんどん自分で進んでいかないといけないと思っています。

YUTO : 常に120%の気持ちでやっていければと思います。 YUI: 俺たちはアーティストだから突き進みます。

たくさんのお話しありがとうございました。最後にファンの方へメッセージをお願いします。

YUI : いつも応援してくれてありがとうございます。こんな時期だからこそ、音楽がワクチンとして実際にウイルスに作用するわけじゃないけど、精神的な助けだったり支えだったり、何かしらのトリガーだったりにはなりえると思っています。何かに挑戦するという面でも、僕達なりにも様々な挑戦とリスクを背負って活動していきます。みんなも全方向で萎縮しすぎず、様々な制約の中でもこの時期だからこそ出来る新たな一歩を進んで欲しいと思います。

YUTO : この状況下なので、ライブハウスで生で届けるのは難しいけれど、自分達なりにやり方を考えて見つけていき、コンスタントに新しい音楽を届けていくので、ついてきて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました