スポンサーリンク

Mini-Interview : 2020年上半期という時間 “Kento (from FOAD)”

COLUMN

Kento (from FOAD)

2020年も半分が終わろうとしております。その内の約半分は新型コロナウイルスの影響により全世界的にライブ活動が出来ない状況となりましたが、Kento君にとって、どのような時間になりましたか?

簡単に言うと自分をアップデートする貴重な時間になりました。

バンドを始めてから今まで、長いライブ休止期間自体が初めての経験だったので、正直かなりフラストレーションが溜まっていましたが、改めて自分がやりたい事と現時点で出来ている事をじっくり比べて自分自身の音楽感を深く知り、研究する事が出来ています。

そしてリスナーの前で自分達の曲を演奏できると言う事の尊さを再確認する事が出来ました。

バンドキャリア初のメンバー脱退の経験、悲惨な事故から復活を果たしたThe Ghost Insideから感銘を受けた事、色々な事が重なり自分の中にあった”ライブは当たり前にできるもの”と言う認識が180度変わりました。ライブが以前同様できるようになった際は更に楽しんでプレイしようと強く思います。

この半年で聴いたアルバムの中で、良かった作品を教えてください。

Comeback Kid – Symptoms+Cures
このアルバムを聴くという選択肢は音で狂うという感覚を最も簡単に体感できる方法の一つだとつくづく感じさせられます。

昔から大好きなアルバムだったのですが、このライブができない期間に溜まったストレスを吹っ飛ばしてくれるような爽快感があるのでここ最近また聴き込むようになりました。何も考えずに聞いても頭を振ってステージダイブしたくなるような名盤です。

Comeback Kid – Symptoms + Cures (Full Album)

Diamond Construct – Diamond Construct
2019年にリリースされた彼ら初のセルフタイトルアルバムです。
全体的に新鮮なアプローチ、ニューメタル風の怪しいリフがたくさん盛り込まれていて禍々しいアンビエント調の音遣いを中心としたモダンな作品なのですが時々顔を出す古き良きオーソドックスな構成やブレイクダウンなどに痺れます。今僕がライブを見てみたいバンドの一つです。

Diamond Construct – Self Titled (Full Album Stream)

 

Four Year Strong – Four Year Strong
夏が恋しくなってきたからなのか雲のない晴れた日にふと聞きたくなるアルバムno.1です。

特にリードトラックのGo Down In Historyは、ポップパンク史に残る名曲だと思います。アルバムを通してグッドメロディの応酬、彼らのルーツを強く感じさせるハードコア調の力強いリフ、妥協のないパート構成、何をとっても最高です。気温が高くなってきた最近はまたさらに聞き込むようになりました。

Four Year Strong "Go Down In History" Official Music Video

FKJ – French Kiwi Juice
半年どころかリリースされた2017年からずっと聞き続けているアルバムです。
サマーバイブでありながら苦めのコーヒーとマッチするような落ち着く曲調は場所、時間問わず何度でもリピートできてしまいます。このアルバムがきっかけでよく見るようになった彼のセッション動画、ライブ動画も最高で、彼の音楽感の多様性、音楽的な引き出しの広さを痛感させられます。

ギター、ドラム、アルトサックス、フルートなんでも器用にこなす彼の姿は僕の音楽家としての理想像に限りなく近いこともあり僕が心から尊敬しているアーティストでもあります。

Lying Together

Moonchild – Voyager
カルフォルニア出身3人組ネオソウルバンドMoonchildのデビューアルバムです。
3人全員がマルチプレイヤーでジャジーでメロウなコードの上に乗ってくる楽器隊の綿密な絡みつきを僕は聞くジグソーパズルと勝手に名付けました笑
文句のつけようのないアルバムなのですが特に紅一点ボーカル アンバーは形容し難い程透き通った声を持っています。

Moonchild – Voyager (Full Album) /// Tru Thoughts

Kento君がプレイしているジャンルとは異なる音楽ジャンルの中で、この半年でよく聴いていたアーティストはいますか?もしあれば、最近気になっているジャンル、聴いてみたいと思っているジャンルについても教えてください。

Mac Ayres

彼はアメリカ出身のR&Bシンガーです。
今までふわっと知っていたDrunk Beatという酔っ払いが千鳥足で歩く様な究極の後ろノリビートの気持ちよさに気付かせてくれたミュージシャンです。王道R&Bの流れをしっかりと踏襲しながらネオソウル調のフレージングを織り混ぜそこにMacの甘い歌声が乗る。

彼はまさに化学反応としか言いようのない音楽的爆発を常にアウトプットしています。音楽には正解がないとはよく言ったものですが僕の中ではある種一つの”正解”なのではないかと思わされるほど説得力のあるアーティストです。

最近はこのようなゆったりとしたR&Bからシンセウェイブなど電子音、シンセサイザー音をフューチャーしているアーティストを聴きあさっています。

Mac Ayres – Get to You Again (Official Video)

映画や本で気に入ったものはありましたか?

僕は基本的に意味深でダークな作品よりも何も考えずに見てなんとなくほっこりでにるような映画が好きなのですが、兼ねてから大ファンだったジムキャリー主演作品の代表作「The truman show」は何回も見直しました。

トゥルーマン・ショー - 作品 - Yahoo!映画
トゥルーマン・ショー(1998)の映画情報。評価レビュー 1895件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジム・キャリー 他。 典型的なアメリカ市民・トゥルーマン。だが彼の暮らす環境は、どことなく不自然だ。

アメリカ映画らしいコミカルな作風ながらどこか狂気じみた設定が相まって絶妙な笑いを提供してくれる素晴らしい映画です。基本的には気軽に見れそうな笑いあり、涙ありと言う雰囲気を醸し出しているのですが、僕にとってはどこか切なさを感じる事ができ、自分の生き方とは何かを深く考えさせられる自己啓発的な一面もある面白い作品だなと思います。

2020年下半期にはライブシーンが新しい形で戻ってくることを祈ります。Kento君は2020年の下半期に計画していることはありますか?言えることだけで問題ありませんので、ファンの皆様にメッセージをお願い致します。

僕たちは新体制になってからまだライブを一回も経験できていないのでとにかくリスナーのみんなが興奮してくれるような、僕達をまだ知らない海の向こう側の人達にもしっかり届くような作品をコンスタントに出していく予定です。

と同時に海外のエージェントやミュージシャンとツアーやプロモーションの話をしているのでいつになるかは予想ができませんが海外ツアーも視野に入れて色々と画策中です。

是非ご期待ください!

FOAD – Wheel of Life (Official Video)

コメント

タイトルとURLをコピーしました