スポンサーリンク

2020年上半期 スラミングブルータルデスメタルアルバム TOP5!

Brutal Death Metal

VISIONS OF DISFIGUREMENT – Aeons Of Misery [Full Album Stream] REALITYFADE

Visions of Disfigurement – Aeons of Misery
2013年イギリス/マンチェスター出身の4人組。4年振りのリリースとなる本作はRealityfade Recordsからのリリースとなった。デスコアリスナーにも受けるだろう切れ味鋭いソリッドリフ満載のキャッチースラム。AnalepsyやKraaniumは好きなら是非チェックしてほしい大推薦盤!

Facebook

INDRICOTHERE IV: Tedium Torpor Stasis PROMO

Indricothere – Tedium Torpor Stasis
Behold the ArctopusやGorgutsを始め、数多くのプロジェクトでメタルシーンを牽引してきたColin Marstonによるソロプロジェクト。近年ではブルータルデスメタルのプロジェクトにも数多く参加しており、サウジアラビアのグラインドコアバンド、Creative Wasteのメンバーらと行っているSijjeelではハイクオリティなグラインディングブルータルデスで話題となった。Indricothereでは、Funeral DoomとSlamを組み合わせたFuneral Slamとも形容できる新しいサウンドを追求。そのサウンドは実験的ではあるものの、作品を聴けばこのジャンルのクロスオーバーに大きな可能性を感じるはずだ。

Indricothere - Encyclopaedia Metallum: The Metal Archives

ESOPHAGUS – Defeated By Their Inferiority [Full Album Stream] REALITYFADE

Esophagus – Defeated By Their Inferiority
チリを拠点に2008年から活動する彼らのデビューアルバム。これまではEP、デモ、スプリット作品のみのリリースで影の薄い存在だったが、本作ではハイクオリティなスラムサウンドを聴かせてくれる。Visions of Disfigurementらが所属するRealityfade Records所属らしさはありながらも南米らしい血生臭さもスラムリフをさらにブルータルなものにしてくれる。

このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

Antipathic 2020 – Covered With Rust

Antipathic – Covered With Rust
昨年フルアルバム『Humanimals』をリリース。この作品はスラムシーンで大きな話題となったのは記憶に新しいだろう。本作はEPでありながら、ハイクオリティなスラムをプレイ。ベース/ボーカルTatoのラッピンガテラルは巧みにテンポチェンジするスラムサウンドの上をグルーヴィーに転がりまわり、ドラマティックな楽曲構成が終盤のスラムパートの破壊力を何倍にもパワーアップさせる。

Facebook

BLEEDING SPAWN – PARIAH ATTESTANT [OFFICIAL EP STREAM] (2020) SW EXCLUSIVE

Bleeding Spawn – Pariah Attestant
南アフリカを拠点とするスラミングブルータルデス。2016年にリリースしたデビューアルバム『Pathogenic Mechanized Abomination』以来4年振りの本作はEPでありながらも聴きごたえ十分であるし、セカンドアルバムへの期待が高まる。土地柄、どんなバンドに影響を受けているのかなどわかりにくい部分も多いが、そんなミステリアスさが、まだ聴いたことのないスラムを聴かせてくれるのではないかという期待が膨らませてくれる。

このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました