スポンサーリンク

Mini-Interview : 2020年上半期という時間 “かわんちゅ (Betrayer Death Penalty)”

COLUMN

かわんちゅ (Betrayer Death Penalty)
http://artist.aremond.net/bdp/

2020年も半分が終わろうとしております。その内の約半分は新型コロナウイルスの影響により全世界的にライブ活動が出来ない状況となりましたが、かわんちゅ君にとって、どのような時間になりましたか?

ライブもスタジオも制限され、フラストレーションは溜まりましたが、レコーディングや作曲、個人のスキルの向上に力を注ぎ、良い時間の使い方をできたと思います。

我々のホーム心斎橋VARONと共催し、無観客有料配信ライブとコラボTシャツを販売し、売り上げを全て寄付させていただきました。バンドの始動一発目の自主企画でも使わせてもらったVARONに微力ながら恩返しできたのではないかと思います。

こんな状況で不謹慎な物言いになってしまうかもしれませんが、バンド淘汰の一歩を担ったのではないかと考えております。有事に素早く行動して発案する力のあるバンド、他力本願のバンドを見分けることが出来たと感じております。

この半年で聴いたアルバムの中で、良かった作品を教えてください。

IC3PEAK ” До Cвидания”
Bjork meats TRAPな感じで世界観もあり素晴らしい。ロシア語なので何言ってるかはわかりませんが…。

IC3PEAK – До свидания ( Full Albom )

鬼束ちひろ “ REQUIEM AND SILENCE”
こちらはベストアルバムなのですが単純に明るくない感じで好きです。

鬼束ちひろ – 20th Anniversary オールタイムベストアルバム[REQUIEM AND SILENCE]トレイラー

THE NOVEMBERS “At The Beginning”
リスナーに解釈を委ねる音楽って感じで最高でした。

『薔薇と子供』From THE NOVEMBERS 8th Album「At The Beginning」

Downy “無題 第七作品集”
前作より人間味のある音楽性になってるように感じて、雰囲気は変わりますが好きでした。

downy 第七作品集『無題』 trailer movie

milet “eyes”
1stとは思えないスキルと楽曲のアルバムです。

milet 1st full album『eyes』クロスフェード(6.3 on sale)

かわんちゅ君がプレイしているジャンルとは異なる音楽ジャンルの中で、この半年でよく聴いていたアーティストはいますか?もしあれば、最近気になっているジャンル、聴いてみたいと思っているジャンルについても教えてください。

上記でお答えしたように自分たちのプレイしてるジャンルはそんなに聞いてないですね。嫌いなジャンルはないので、自分の中でその音楽のジャンルを断定できない!みたいなアーティスト見つけたいですね。

映画や本で気に入ったものはありましたか?

次回作のアルバムのテーマにもなってるSE7ENは昔からですが、自粛中も何回も見ました。自粛期間中は泣ける犬の映画とか見てボロ泣きしてました。

セブン - 作品 - Yahoo!映画
セブン(1995)の映画情報。評価レビュー 4063件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ブラッド・ピット 他。 キリスト教の“七つの大罪”になぞらえた奇怪な連続殺人事件を追う二人の刑事を描いたサイコ・サスペンスで、アメリカ・日本ともに大ヒットを記録した。凝りに凝ったオープニングが象徴するように、デヴィッド・フィ...

2020年下半期にはライブシーンが新しい形で戻ってくることを祈ります。かわんちゅ君は2020年の下半期に計画していることはありますか?言えることだけで問題ありませんので、ファンの皆様にメッセージをお願い致します。

正直まだどうなるか断言できませんが、ことが上手く運べば今年の秋頃にアルバムリリースとリリースパーティーをやろうと思っています。

今作のアルバムはサウンドプロデュースや体制チェンジに伴う音楽性のチェンジなどBetrayer Death Penaltyというバンドの方向が大きく変わる転機となるアルバムになると思いますので、みなさん是非チェックお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました