スポンサーリンク

今年10周年を迎えるポストハードコアのプレイリスト(全バンド解説付き!)

COLUMN

今回はポストハードコアに絞り、10年という節目を迎える楽曲を集めてみました。

各バンドの簡単な紹介も合わせて書いていくので、読みながら聴いてみると楽しいかも。

かなりボリュームたっぷりなので、是非お家時間で音楽に浸ってみてください。

Confide

2004年カリフォルニアで結成されたポストハードコアバンド。初期のデモ音源はデスコアに近いサウンドを打ち鳴らしていた。

1stアルバムでUnderoathらの影響下にあるダークなポストハードコアを提示したが、本作『Recover』において一気にモダンなスタイルへと変貌した。

フェアウェルツアーでは来日も果たしており、実は密かに再結成を果たして2013年にもアルバムをリリースしている。

CONFIDE – When Heaven Is Silent

Dream on Dreamer

オーストラリア出身のポストハードコアバンド。浮遊感のあるシンセサウンドと激情的なスクリーム、クリーンの対比が素晴らしく高評価を得た。

2020年解散が決定し、現在ラストアルバムをリリースしたばかり。

Dream On Dreamer – Ambitions (Official Video)

Jamie’s Elsewhere

2005年カリフォルニア出身のポストハードコアバンド。

本楽曲は2枚目のアルバムに収録。アルバム毎にボーカルが全て異なるが、本作を担当していたのは現Of Mice And MenのフロントマンAaron Pauley

彼はこのバンドを去った後にOf Mice & Menに加入、サポートメンバーとしてツアーを帯同していたが、正式なメンバーとなった後、Austinの後釜としてフロントマンを務めるまでになった。

Jamie's Elsewhere – They Said A Storm Was Coming (Official Music Video)

Woe is Me

2009年、ジョージア出身のポストハードコアバンド。Issuesでお馴染みTyler CarterMichael Bohnのコンビはこのバンドから。

ちなみにドラマーはOf Machinesというバンドの創設者であり、Woe is Meも彼によってメンバーが集められた。

Woe, Is Me – [&] Delinquents (Official Music Video)

For All Those Sleeping

ミネソタ出身のポストハードコアバンド、3枚のアルバムを残して解散済み。2010年代のポストハードコアを象徴とするバンド。

適度にデジタライズされた楽曲とどキャッチーなサビメロは思わず歌ってしまいたくなるほどキャッチー。

打って変わってMike Champaのスクリームはモンスターのような咆哮。ライブ時もほとんど変わらないクオリティーで再現しているので化け物。

なおこの曲のMVは、草原で一発撮りしただけの簡素なものだったが、後に再編集された。

For All Those Sleeping – "I'm Not Dead Yet" Official Music Video

The Word Alive

元々Escape the FateCraig Mabbitのサイドプロジェクトとして発足したが、デモの段階であっけなくCraigは脱退。現在はTylerが担当。

初期は激しいメタルコア路線だったが、作を追う毎にマイルドに。

The Word Alive – "2012" Official Music Video

Secret & Whisper

カナダ産メタリックスクリーモバンド。とはいえスクリームは無い。

Saosinの後釜としての触れ込みが強かった印象だが、確かにボーカルの伸びやかなメロディーは妙にキャッチーでエモーショナル。耳に残る曲が多く、当時はリピートしまくっていた。

Youth Cats

Alesana

スクリーモバンドとして大きく注目を集めたバンドの傑作3rdアルバムから。

ボーカルが作成した短編小説をもとに本作は制作されている。

ドナルドダックのようなギャーギャーボイスとクリーンの掛け合い、若干軽めでメタリックなギターサウンドが特徴。作品の完成度で言えば本作が1番好き。

Alesana – The Artist

We Came As Romans

こちらも2010年代を代表するポストハードコアバンド。

シアトリカルなオーケストレーションのアレンジ、クリーンとスクリームはそれぞれ専任体制で上手いこと調和している。

個人的にポストハードコア界隈では一番好きなツイン体制だったかも。Kyleが亡くなってしまったのは本当に残念でならない。

We Came As Romans " To Plant A Seed" (Official Music Video)

Like Moths To Flames

EmarosaAgracefulでの活動後に結成したChris Roetter率いるメタルコアバンド。

最新作『Dark Divine』はオルタナポストハードコア路線に舵を切ったが、初期の作品はブルータルなメタルコア。

甲高いハイピッチは封印気味でタフなグロウルで攻める。

Like Moths To Flames – Your Existence (Official Music Video)

Ten After Two

ザ・典型的ポストハードコアながら時折ハッとさせられるメロディーが魅力のバンド。

デビューアルバム1枚であっさり解散しましたがポストハードコア好きは抑えておいてよいかも。RISE全盛期ですね。

Ten After Two – They All Fall Down

Outline in Color

オクラホマ出身ポストハードコア。デビューEPのメロディーが本当に好みで、極悪なスクリームとの対比が美しい。以降クリーンボーカルが変わりますが、昨年リリースしたアルバムから初代ボーカルが復帰。

ファンにとっては激エモな展開でしょう。

Outline In Color – No Bleeding On The Carpet [HD]

The Plot in You

今や独自のポストハードコア路線を突っ走るThe Plot in Youも初期はデスコアばりにバイオレンスな音。

爆発的に人気を伸ばしているバンドだがLandon Tewsersが、Before Their Eyesのメンバーだったことは意外に知られてない。

The Plot In You – Wife Beater

The Devil Wears Prada

説明不要、スクリーモやポストハードコアのスタンダードスタイルを作り上げた伝説的バンド。

売れ線にいくどころか過去最高にブルータルな作風に仕上げてきたこのEPは絶大な反響で迎え入れられた。

たまに出すEPがやけに完成度高いのが面白い。

The Devil Wears Prada – Escape (Audio)

Attack Attack!

Austine脱退後、キーボードのCaleb Shomo(現Beartooth)がフロントマンになって2ndアルバムをリリース。

このバンドは明らかにCalebが重要なファクターになっていた。

彼はなんでも出来ちゃう上に極上のメロディーメイカー。

Attack Attack! – Sexual Man Chocolate

Casino Madrid

これは2010年らしいエレクトロコアバンドのEPから。

とにかくチャラいのなんのって。勢いと電子音で押し切る感じだけどボーカルのテンションの高さは好き。

Casino Madrid (PROMO VIDEO) "Running with Scissors"

This Romantic Tragedy

個人的にエレクトロ系スクリーモの中でも傑作に入ると思ってるThis Romantic Tragedy1st。電子音の装飾はあるけど地味にツインギターがアグレシッブなプレイを見せます。

クリーンとスクリームの掛け合い、ドラマチックなアルバム展開に惚れてリピートしまくってた。

This Romantic Tragedy – Among The Brave

A Bullet For Pretty Boy

こちらはシンセを用いているものの、シアトリカルなアレンジなのでチャラさは皆無。

何より叩きまくりの爆裂ドラミングとブルータルなスクリーム、煽情力の高いクリーンは心の琴線に触れてくる。このアルバムも個人的には傑作だと思っています。

現在ボーカルはNothing Leftのフロントマンを務めています。

A Bullet for Pretty Boy – "The Deceiver" (music video)

Us From Outside

現在はChasing Safetyに改名して今も活動を続けている。

Zestone Recordsの大プッシュでこのバンドもかなり聞いていた。改名後はオーセンティックなポストハードコア路線でかなり硬派に。

US, FROM OUTSIDE – Who Saves The Savior?

In Fear And Faith

シアトリカルポストハードコアの代名詞と言えるこのバンド。このバンドもクリーンとスクリームの掛け合いが魅力。

個人的にはWe Came As Romansに匹敵するクオリティーを誇っていると思う。

In Fear and Faith – Bones (Official Music Video)

Scarett O’hara

RISE Recordsらしいちょっとチャラめのスクリーモ。このアルバムだけで解散するが、地味にカムバックを果たして1枚アルバムをリリース。

当時と全く変わらないサウンドに思わず笑った。

Scarlett O'Hara – Lost in Existence (Official Music Video)

上記の動画はトップページからまとめてプレイリストとして視聴出来ます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました