スポンサーリンク

【REVIEW】Picturesque / Do You Feel O.K? (2020)

POST HARDCORE

01. Necessary
02. ATTN:
03. Swipe
04. Crimes
05. Prisoner
06. O.K?
07. Holding Me Down
08. Glass House
09. Pray
10. Say It Like You Mean It
11. Day by Day

ケンタッキー出身ポストハードコアバンド、約3年振り通算2枚目のフルアルバム。

超絶ハイトーンボイスを用いるKyle Holisの触れ込みでEqual Vision Recordsから新星の如く現れた彼ら。

前作『Back To Beautiful』では、あくまでポストハードコアの枠の中でその魅力を発揮していたように思いますが、今作はかなり雰囲気が変わりました。

艶っぽくダークな面持ちが作品全体を包みこみ、バンドサウンドだけでなくエレクトロ要素をふんだんに用いています。

Kyleの歌い方も今作においてはかなりレパートリーが増えて、R&BやHIP HOPへの傾倒が伺えます。

Picturesque "Necessary" (Official Music Video)

リードトラック「Necessary」は先行公開シングル。サンプリング等を用いつつも、今作の中ではシンプルに歌メロで聴かせるナンバー。

Picturesque "ATTN:" (Official Music Video)

最近のEMAROSAなどに見られるダンサンブルなソウルテイストなポストハードコアソング「ATTN:」のサビはどこかSleeping With SirensのKellinを彷彿とさせられます。

Picturesque "Swipe" (Official Music Video)

本作の傾向が顕著に出た「Swipe」はラップ調のバースから一気にハイトーンボイスを爆発させます。

続く「Crimes」や次曲「Prisoner」ではトラップミュージック的なスネアの連弾挟み込まれています。メロディーはかなり独特な響きです。

最近のポストハードコアシーンのR&BやHIPHOPへの傾倒を象徴するように、Picturesqueも思いっきり路線を変更してきました。

Picturesque "O.K?"

タイトルトラック「O.K?」は内省的な歌詞から感情を一気に爆発させるサビとの対比が美しい曲。

振り絞るようなハイトーンボイスが切なく響きます。

天使のような歌声を持つKyleですが、

今作は歌詞も含めてかなり陰鬱としており、アンバランスなポップさが余計に切なく響く不思議な作品でした。

前作より更にアクが強くなった分、リスナーの評価は割れそうですが間違いなく前作よりインパクトはあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました