スポンサーリンク

【REVIEW】 Nothing Left / Disconnected (2019)

HARDCORE

2016年、For TodayLeitru兄弟、Silent PlanetのドラマーAlex Kamaneraらによって結成されたメタリックハードコアバンド。

ボーカルは以前A Bullet For Pretty BoyのフロントマンだったDanon Saylarが務めるという個人的に胸熱なスーパープロジェクトです。

元々A Bullet For Pretty Boyの頃からポストハードコアらしからぬ暴虐性を持ったスクリームが特徴的だったDanonなので、今回の抜擢はよくマッチしていると思います。

昨今、カオティックハードコアやマスコアといったサブジャンルを消化したバンドがオーバーグラウンドへと飛び出ることが多くなったと感じるのですが、このNotging Leftはまさに1990年代後半から2000年代のカオティックなハードコアへのリスペクトが感じられる音楽性。

Nothing Left – "Dust Into Dust" OFFICIAL VIDEO

最近のリリースで言えば、Counterpartsのボーカリストらが集ったENDや、Left Behindといった面々に、Sanctionのようなデスメタリックなハードコア成分を振りかけたような感触です。

ハードコア特有の熱さというよりも、ダークでヘヴィーな質感が強く、時折気が触れたようにかき鳴らすギター、緩急を巧みに操るテクいドラミングに合わせてひたすら咆哮しまくるエクストリームな音像が魅力。

Nothing Left – Choose Your Side Official Audio

さすがはベテラン勢の集ったバンドだけあって、ハイクオリティーな作品に仕上げてきました。

とにかく爆音で堪能すべし。

1. Choose Your Side
2. Dust Into Dust
3. Beneath The Surface
4. Deceiver Or Deceived
5. Death From Above
6. Into The Emptiness
7. Disconnected
8. Cycle Of Abuse
9. A Final Farewell

コメント

タイトルとURLをコピーしました