スポンサーリンク

インディロック・ディグ日記 vol.01

COLUMN
tricot「真っ黒」Music Video

tricot – 真っ黒
1月29日にアルバム『真っ黒』をリリース。本作はavex/cutting edge内に設立プライベートレーベル、8902 RECORDSからのリリースとなった。Audiotreeへの出演など、海外インディロックシーンからも注目を集めている事は、ビデオに書き込まれる世界中からのコメントをみれば一目瞭然だ。個人的にはPeople In The BoxがTwinkle Emo周辺と交わっていくような感覚のサウンドに感じた。このまま日本語で世界を虜にして欲しい。

 

Hayley Mary – The Piss, The Perfume (Live Video)

Hayley Mary – The Piss, The Perfume
オーストラリア/シドニーのインディロックバンド、The JezabelsのシンガーHayley Maryのデビューアルバム『The Piss, The Perfume』のリードトラック。強烈なインパクトのタイトルとは裏腹に、歌詞はシンプルでストレートな女性の心情を描いたものだ。こうした強烈なフレーズが飛び出してくる今のオージー・インディウーマン達はパワフルで、世界の希望だ。昨年10月に同楽曲のミュージックビデオが出ているが、このライブバージョンのほうが良いね。

AJJ – "Mega Guillotine 2020" (Official Video)

AJJ – Mega Guillotine 2020
Andrew Jackson Jihadと言えば、割とパンクスもフォークパンクバンドとして知ってる人多いかもしれません。本楽曲はAJJとしてリリースした最新アルバムアルバム『Good Luck Everybody』に収録されています。とてもシンプルなフォークソングですが、ミュージックビデオを見ればわかる通り、ウルトラポリティカルソングで、ドナルドトランプの首がコミカルに飛んでいきます。今、AJJが強く支持されているのは楽曲の良さもそうですが、こうした姿勢ももちろん要素のひとつです。

Forbear – Birds[Official Video]

Forbear – Birds
LIKE A FOOL RECORDSから1月29日にリリースしたアルバム『10songs』に収録されている楽曲。バンドのバイオグラフィにもある通り、ハードコア通過後のシューゲイズをキーワードに、Will Yipプロデュース作品の音像をヒントにしながら制作した事が伺える骨太なビートと綿密なメロディワークの構築美が素晴らしい。儚く霧のようなボーカルもForbearサウンドを包み込むようで、美しい。

VANT – best friends (official video)

VANT – best friends
イギリス/ロンドン出身VANTによる最新アルバム『Conceived In The Sky』収録曲のミュージックビデオ。本作からMattie Vantのソロプロジェクトとして再始動、という形のようだ。今のブリティッシュロックらしいメロディラインはダークで魅力的だし、多種多様な音楽から抽出したメロディをVANTらしく紡いた良曲。

DIIV // The Spark (Official Video)

DIIV – The Spark
ファッション・モデルや、映像ディレクターとしても活動するZachary Cole Smithを中心としたプロジェクトDIIV (ダイヴ) が、昨年リリースしたアルバム『Deceiver』収録の本楽曲を2020年1月にミュージックビデオとしてYouTubeにアップ。同じようなタイミングで彼らの7年ぶりの来日が決定し、話題となった。Captured Tracks系と言われるようなドリーミーなシューゲイズやサーフポップぽいインディロックの象徴だし、その手のサウンドに興味があるなら最初に聴いて欲しいバンドです。

The Frights – "Leave Me Alone"

The Frights – Leave Me Alone
カリフォルニア/サンディエゴ出身の4人組カントリーポップ/ロック、The Frightsのニューアルバム『Everything Seems Like Yesterday』はEpitaph Recordsからのリリース。最近のEpitaphリリースは正直パンクスから冷ややかな目で見られている事は確かですが、それはスケートパンクとかメロディックパンクでは今のEpitaph Recordsのレベルじゃないって事の裏付けだと思ってます。楽曲のクオリティとかではなく、ただ単にビジネスとして。それでもEpitaphの新規契約アーティストはすべてチェックしているし、パンクでないにしても本当にフレッシュで良質なアーティストばかりでチェックしていて楽しい。このThe Frightsもとても良くて、アルバムはずっと聴いてます。

Bombay Bicycle Club – Is It Real (Official Audio)

Bombay Bicycle Club – Is It Real
2019年に活動を再開したロンドン出身Bombay Bicycle Clubが、ニューアルバム『Everything Else Has Gone Wrong』をリリースしました。本楽曲はこのアルバムに収録されています。6年振りのリリースとなりましたが、変わらぬ心地良いポップでロックな作品になっていて、ファンからの反応もとても良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました